浮気 調査 神奈川

浮気の慰謝料の相場

浮気の慰謝料は、2つに分けて考えます。

 

例えば、夫が浮気をして、それが原因でその夫婦は離婚したとします。

 

その場合の、夫から妻に支払われる慰謝料。

 

もう1つは、夫が浮気をしたが離婚には至らなかった場合に、浮気相手の女性から

 

妻に支払われる慰謝料。

 

 

浮気の慰謝料は、基本的には、浮気をしていた2人が連帯して払うものです。

 

ただ、実際には自分の配偶者には請求せず、浮気の相手にだけ請求するばあいもあります。

 

また、自分の配偶者とその浮気相手のそれぞれの慰謝料の相場は100万円〜150万円です。

 

よって、双方から慰謝料を取るとすると200万円〜300万円になります。

 

 

上記の金額には幅がありますが、色々な状況により変わってくるのです。

 

普通ですと、300万円くらいまででしょうか。

 

浮気による精神的苦痛、子供の有無、結婚していた期間、支払う側の社会的地位や年収、

 

などにより、金額は変わります。

 

また、浮気相手が自分の配偶者や世間に知られるを嫌がり、口止め料のような意味合いで、

 

高額な慰謝料を自ら認めて支払う場合もあります。

 

ケースバイケースといえるでしょう。

 

 

 

浮気をしても慰謝料が無いケース

婚姻関係にある夫婦のうち1人が浮気をしても、慰謝料が発生しない場合があります。

 

それは、実際には夫婦関係が破たんしている場合です。

 

すでに別居状態にある夫婦の場合は、このケースです。

 

もう離婚していると同様に扱われ、独身者同志のように、肉体関係を持っても

 

支障ないとみなされます。

裁判と慰謝料

前述した慰謝料の相場は、当事者同士では解決できず、裁判に至った場合のものです。

 

裁判の場合は、浮気による離婚で受けた損害を評価する項目がいくつかあり、

 

それに照らし合わせて、慰謝料の額を増減します。

 

よって、裁判になると、相場の金額はもらえるが、それ以上のものはもらえない、

 

という事になります。

 

一般の相場では納得できないと考えているなら、裁判に持ち込まない方が特です。 

 

裁判で決まってしまった金額を後から増額するのには無理があります。

 

 

裁判に持ち込まないで、より多額の慰謝料をもらうには、弁護士に相談するのではなく、

 

探偵事務所に相談してアドバイスを受けながら、自分や自分の代理人とで交渉を

 

進めた方が良いでしょう。

 

弁護士に依頼すると、相手側も弁護志を立ててくるでしょう。

 

そうすると、裁判にならなかったとしても、やはり弁護士同志の交渉なのですから、

 

過去の裁判の事例にならって決まることになるでしょう。

 

自分が辛い思いをした代償を多く取るのなら、弁護士に依頼するのはやめましょう。