浮気 調査 神奈川

浮気調査の料金はどれくらいかかるの?

浮気調査の料金については、ホームページ等で公開しているしている会社もありますが、

 

面談して内容を検討してから提示するという探偵事務所も多いです。

 

"他社よりも安いです!"という安さを売りにしている会社の場合は、安い金額を公にして、それでお客を呼び込んでいます。

 

これも一つの会社の戦略で、悪い事ではありません。

 

ただ、調査内容が粗くなる分については、正直に依頼者に説明しなければいけません。

 

一方、調査の内容、質を重視している会社の場合は、その品質を維持する為にどうしても調査費用が高めになります。

 

かと言って、その高めの金額を最初から提示しても、初めて調査を依頼する人には、どうしても敬遠されてしまうでしょう。

 

スーパーで食品を買うのとは違い、向こうの店では安かったけど味が良くなかったから、今度は少し高くてもこっちの店で買ってみよう、

 

という事にはなりませんよね。

 

浮気調査を頼む事自体、初めてとか一生に一度の出来事なので・・・・・。

 

 

誰でも安く済むところに頼みたいですよね。

 

会社によって、相場の高めのところと安めのところがあります。

 

(安めに設定している探偵事務所については、怪しい会社の場合もあるので、それについては別途記す事にします。)

 

浮気調査の算出根拠は簡単に言うと、一番ウエイトを占めているのが、

 

探偵の1人の時間単価  × 調査時間 × 探偵の人数 × 調査日数 です。

 

もちろん、これ以外に車やバイクなどの車両費、ガソリン代、鉄道などの交通費もかかりますし、

 

居場所の特定に使用するGPSや、暗視ビデオカメラ、などの機材費もかかります。

 

また、調査を終えた後の「調査報告書」の作成費用もあります。

 

これらの車両費、機材費、報告書作成費などを人件費と別に設定している会社もありますし、人件費に含めている会社もあります。

 

また、テレビ、ラジオ、雑誌、インターネットや駅中、車内広告などの広告費もかかっています。

 

これらは、すべてその会社の「探偵1人当たりの単価」の中に含まれています。

 

 

 

浮気調査の見積書や請求書にに、「広告費」などという項目はありませんが、会社としては調査の売上げから回収しなければなりません。。

 

広告費は、人件費などの金額に含まれているのです。

 

だから、派手に宣伝広告を打っている探偵事務所の「探偵1人当たりの単価」は、そうでない会社のものより高めになって当然です。

 

 

目安として、良心的な探偵事務所の「探偵1人当たりの単価」はどれくらいかというと、

 

5000円/時間〜6000円/時間です。 

 

探偵の時給ではなく依頼者が探偵会社に払う金額に相当するものです。

 

通常、契約時の調査時間が長くなるほど、単価は割安になる設定になっています。

 

また、尾行や張り込みは、通常最低2名以上で行ないます。

 

例えば、午後5時から10時までの調査(張り込みや尾行)をする契約をした場合、

 

6000円/時間 × 2名 × 5時間 = 60,000円 ぐらいになるという事です。

 

これ以外ににガソリン代や交通費などがかかりますが、金額が大きいのは探偵の人件費なのです。

 

 

人件費以外に大きな金額がかかる場合とはどんな場合でしょうか?

 

例えば、調査対象者が飛行機で移動したり、新幹線に乗り込んだりした場合です。

 

このようなケースは、依頼者が最初から想定している場合もありますが、全くの想定外の行動で

 

調査対象の男女が新幹線のホームまで来た場合、探偵から依頼者にその先の調査続行の判断を仰ぎます。

 

1日当たりの調査時間の終了が迫っている場合は、その場で終了するか、または、時間を延長して新幹線での尾行を

 

続けます。

 

続行する場合、新幹線の交通費が実費として発生します。

 

費用は抑えたいけど、新幹線に乗車した写真だけ撮っても、親密な様子は残せるけど、浮気をしている証拠にはなりません。

 

そのまま、東京から大阪に移動した後、ホテルにチェックインする事が考えられ、続行すれば決定的な証拠が得られるかもしれません。